mic(旧HPアーカイブ)

2015年11月30日

第2回ウィリアム・モリス勉強会

カテゴリー: 報告 — admin @ 2:49 PM

2015年11月11日 第1回に引き続き、ウィリアム・モリス勉強会の勉強会を行いました。
今回は体感編という事でマナトレーディング様のご協力のもと、作並にある「賢治とモリスの館」にて行いました。

201511_1

設立者の大内教授(東北大学名誉教授)からモリスの思想についてお話を聞きました。
ユーモアも交えながら大変楽しくお話をしてくださいました。
モリスのデザインは単体ではなく、ガーデニング→エクステリア→インテリアと続いているそうです。お庭から順にご説明していただきました。

お庭はコッツウォルズの別荘と植生が似ているという事で宮沢賢治とウイリアム・モリスのテーマ性をもたせたガーデンを作る事が出来たそうです。春は多くのかたくりの花が見ることができるそうです。他にバラ、また宮沢賢治の好きなギンドロの木等、多くの植物がありました。

201511_2

201511_3

モリスのデザインの最後は本だったそうです。エントランスには資料が展示され、フレームにも入れて飾られていました。

201511_4

201511_5

最後にグリーンダイニングルーム(展示ルーム)、中国・茶芸の部屋にて食事をしながらモリスのデザインを堪能いたしました。グリーンダイニングルームにはモリスが初めてデザインしたという蔓薔薇の壁紙をフレームに入れて飾られていました。シェードも厚地と、厚地と同じ柄のリネンの組み合わせで作られており、リネンのシェードからの朝日がうっすら入ってくるようにされたそうです。他にタペストリー等がありました。窓の枠をフレームにして庭の景色が絵のようでした。

201511_6

モリスのデザインはあくまでもつながりを持っており、芸術を楽しみながら食事をして欲しいというコンセプトのもと作られた館でした。
紅葉も程よく残っており、落ち葉の香り包まれながらモリスの世界観に触れる事が出来た研修となりました。

2015年11月3日

京都研修旅行「伝統産業に宿る日本人の心を学ぶ旅」のご報告

カテゴリー: 報告 — admin @ 10:01 AM

2015年9月29日・30日、1泊2日の研修旅行に行って参りました。

1日目

まず最初に訪れた㈱川島織物セルコン織物文化館では初代・二代目川島甚兵衛がモノづくりを研究するために世界中から蒐集した「上代裂」「名物裂」「外国裂」「装束」「衣裳」など、織物文化の歴史を物語る「染織物」や「古書類」をはじめ、精緻で優美な美術工芸織物の原画類や試織など貴重な展示品を鑑賞しました。

次に訪れた株式会社細尾様は創業元禄年間とします。
「帯」や「きもの」をはじめ、和のテイスト小物、ジュエリー、バッグ新しいテキスタイルとしての「絹織物」など、生活を彩る品々を考え、創り、発信する製造問屋です。伝統技術の「西陣織」を進化させて、新しいテイスト素材(漆など)とのコラボレーションや幅広織機の導入により「アパレル」「インテリア」製品への間断の無い挑戦をされています。

◎ 京都1日目株式会社 川島織物セルコンさん
kensyuu1_1

◎ 京都1日目 株式会社細尾さん
kensyuu1_2

2日目

京都の観光地巡りです。

銀閣寺・曼殊院門跡・詩仙堂・二条城・清水寺・伏見稲荷の順で見学しました。

日本の伝統や遺産を未来に残し、さらに伝統技術を現代や未来に生かすことは、なんと素晴らしく意義のあることかが感じられる研修となりました。

◎ 京都2日目銀閣寺
kensyuu1_3

Powered by WordPress