HOME --> 会員コラム --> しごとのはなし 「ICになった理由」 mic正会員 樋口 道子

しごとのはなし  ICになった理由

会員コラム 文 : mic正会員 樋口 道子 2015年3月

 最近なんでインテリアコーディネーター(IC)になったんですか?とか、どうやってなったんですか?

と、聞かれることが多いのでしごとのはなしを書いてみます。

 ICになる前は、高専の金属工学科(レアでしょ!)出て20歳で工場に就職。電子部品メーカーで実験してはレポート書くような仕事をしていました。

 しかし「世の中の技術の進歩について行けないな〜この仕事に興味もって勉強とかやっていけるのか??」なんて思っていたところでした。

 

25歳からの資格の本

 そんな時本屋で見つけたのが「25歳からの資格の本」。その中で目を惹いたのが「インテリアコーディネーター」。

 インテリアエレメントを消費者に対し(中略)商品選択の適切な助言と提案をする人…生活者としての経験も大事で25歳以上に受験資格がある(当時年齢制限ありました)、面白そう。そういえば高専入るとき一瞬建築目指したっけな〜年齢も24歳でちょうど良いし、その資格を取ってどこかハウスメーカーに勤めるぞ!!と息巻いて会社を辞めました。

 取りあえず展示会や店舗の設計施工をやっている会社へ就職。工場勤務からやったこともない営業職になり不慣れで会社の役には立ってないのですが、そこで勤めながら勉強をして、2回のチャレンジで合格しました。

 

ペーパーコーディネーター

 さて、めでたくICに合格。仕事に資格が生かせるかな〜なんて思っていた矢先、妊娠発覚&夫の転勤で横浜へ行く事に、私は転勤の希望が通らず職を失うのでした。そして転勤先で出産。すぐに仕事探して働こうなんて考えていたけれど、再就職は難しく、専業主婦になり、5年間で3人の子を産み、子育てに励むのでした。と言うわけでICの資格は届いたその日からペーパーライセンスになるのでした。

 

きっかけが出来た

 横浜に5年住んで宮城に戻ってきて5年、下の子が5歳になり、ICライセンスも2回更新(5年ごとに手続きが必要です)10年熟成したところで役に立ってないから更新やめようかな…と思っていたところ「インテリア産業協会東北支部設立20周年記念パーティ」のハガキが届きます(しかも参加費無料!!主婦には嬉しい)。行けばなにかあるかもしれないと、出会いを求めて、誰も知らない会場へドキドキしながら行ったのでした。そこで自宅マンション購入した時にちょっとした工事をお願いした業者さんを見つけ声をかけたのです。私、実はICライセンス持ってたんです〜なんて話をしました。

 その方は数か月後にでマンションのインテリア相談会を控え、人手が欲しい様子でした。経験はないけれど「仕事してみますか?」と言われ二つ返事で「はい!!」と答えました。それがきっかけで現在に至る訳なので、本当にあの時勇気を振り絞って出かけて良かったなと思います。今思えばmicに入っていれば、きっかけは出来たと思いますがIC取ってすぐに横浜に引っ越したので入らなかったのです。このころmicにもご縁をいただき入会することになりました。

 

出来ることをすこしずつ増やしていく

 先ずはカーテン・照明の提案と販売が出来るようになり、インテリア相談会やmicの会合で出あったメーカーさんや先輩ICに次こんな仕事やってみない?と声をかけていただき、いろんな商材の販売手伝いが出来るようになりました。簡単なモデルルームを提案・装飾させていただいたこともあります。徐々に接客にも慣れていきました。続いて、もっとICの仕事知りたいな…と思いmicの先輩にお願いしてアシスタントとアッシー(古い!?)させていただきフリーランスの仕事ぶりを見せていただきました。

            

 業務経歴が増えたので、またまたmicの先輩方に推していただき、お客様に担当として着いてトータルコーディネートする会社に業務委託いただく事が出来、フリーランスのICになれた気がしました。マンションと並行して新築戸建住宅の、外壁・建材・設備・壁紙・照明・カーテンを選ぶお手伝いもするようになりました。


4度目の更新

 最近、ICライセンスの4度目の更新を迎えました。2度目の時はもう更新しないかな…なんて思ったっモノですが、10年かけてこうしてちゃんと仕事になりました。こうして書いてみたら最初はどこかハウスメーカーに勤めたかったんだ、と思い出しました。当時「働く」と言ったら「サラリーマン」と思い込んでいたので、フリーランスって未知の世界に今いることが不思議です。ここまで来るのにいろんな方とのご縁と助けがあっての事と感謝しております。また、お客様から「打合せ楽しかった」「ありがとう」とお言葉をいただけるようになり、本当にやっていて良かったと思います。

 今年から11年目突入なのでさらに良い提案が出来るよう、頑張っていきたいと思います。

          

あとがき

 micに関わって役員を長くやってきた事も仕事に繋がっていると思いますがmicは仕事の斡旋はしないので、会員の皆様・賛助会員(企業)の皆様たくさん会合に参加してそれぞれ仲良くなってくださいね!!             

執筆者紹介

mic正会員
樋口 道子
インテリアコーディネーター
整理収納アドバイザー1級
窓装飾プランナー

会員コラム