HOME --> 会員コラム --> お国自慢 名古屋とその仲間たち? 株式会社パモウナ 岩山 昇司

お国自慢 名古屋とその仲間たち?

会員コラム 文 : 株式会社パモウナ 岩山 昇司 2013年7月

仙台へはいつも名古屋から出張しております。株式会社パモウナの岩山でございます。名古屋と申しますが、私は生まれも育ちもお隣の岐阜県。今現在も岐阜県在住なのです。岐阜県といいますと、時折「どのあたり?」なんて首をかしげる方もいらっしゃいます。岐阜県はざっくりいいますと、愛知県の北に隣接しております。海のない山ばっかり?の県ですが、
実は全国の都道府県で7番目の面積を持つのです。

案外知られていませんが、JRで岐阜駅から名古屋駅まで、快速なら18分程度の距離なんです。快速で18分程度の距離なんです。
意外に近いでしょ・・・(笑)

今日は、名古屋や岐阜・・・これまたざっくりと、このあたりのお話をさせていただこうかと思います。少々、地元愛すぎることもあるかもですが、どうぞお許しください(笑)

 


名古屋めし

名古屋というと有名なのが「名古屋めし」でしょうか?
代表的なものだけでも、ひつまぶし、味噌カツ、味噌煮込みうどん、きしめん、手羽先、名古屋コーチン・・・まだまだあります。

小倉トースト、台湾ラーメン、天むす、ういろう、あんかけスパ、モーニングサービスなどなど・・・

 

ただ、「名古屋めし」のすべてが名古屋市内発祥というわけでもないのです。名古屋市近郊だったり、愛知県近郊だったりするものもあるのです。
つまりは「名古屋とその仲間たち」です。

私、岐阜に生まれ岐阜に育ちましたが、これらすべてが幼少のころからの馴染みのものですので、どれも大好きです。

どの店のどれが美味しいかなんてことは賛否両論もございますので、それは個人的に・・・(笑)

ぜひ、こちらにいらしたときはご賞味くださいね。

 

初めての・・・出張

私、入社してちょうど20年目なんです。 
えっ!意外ですか? っていうのは、どういう意味でしょう?(笑)  

今でこそ出張続きの毎日ですが入社するまではろくに旅行にも行ったことがありませんでした。地元から離れることは、ほとんどなかったわけです。

初の出張は東京でしたが、先に東京入りしている先輩から夕方に新幹線で東京まで来るようにと指示されましてね・・・
新幹線に一人で乗るのもはじめてだったのです。
あらかじめ先輩から新幹線の時刻や乗換などについて情報収集をしていました。今みたいに携帯やスマホで検索できなかったのです(笑)
初めての出張、私は名古屋駅の切符売り場で「○時○○分のひかり自由席、窓側ください」 って切符を買いました。
自由席なのに、時間指定と座席指定してしまいました(笑) 先輩と合流してそのことを話したら、大爆笑された記憶があります(泣)

初めての・・・モーニングセット?

その出張で、朝食を摂ろうと喫茶店に入りました。当時は今みたいなカフェらしきものはほとんどありませんでしたから、いわゆる昔ながらの喫茶店です。
メニューを見てコーヒーを注文しました。すぐにコーヒーが届けられました。 
ですが、それだけなんです・・・。

おかしいと思いませんか?

朝、喫茶店に入ってコーヒーを注文したら、コーヒーしか出てこない・・・
それでも、しばらく待っていればいいのかと。
が、いっこうにそれ以外のものは出てくる気配がありません。
私、しびれを切らしましてね・・・店主のおじさまに「モーニングは?」と尋ねました。
おじさま、「こっちにメニューあるよ」と親切に教えてくれたのです。

【モーニングセット ¥○○○】
そうです。モーニングセットが有料!!
そのことに私、驚いたのです。
いきなり、ホームシック・・・(泣)

 

 

常識が非常識って・・・

私、幼少のころから大学を卒業するまでの間、日曜の朝は祖父と喫茶店に行くのが日課でした。当時と今とは若干異なる点もあるかもですが、その頃からモーニングセットが実在していました。

11時までに入り、ドリンクを注文すれば少なくとも、トーストとゆで卵がサービスされる・・・それが当たり前だったのです。

ですから、東京で有料のモーニングセットを注文しなければならないと知った時、それはそれは驚くとともに、帰省してからというもの近所中に「東京はすごいね。モーニングセットが有料だったよ・・・やっぱ東京だね・・・すごいね」なんて(笑)
今から思えば、私たちの常識が非常識だったわけですが、周りのことを何も知らない当時の私にとっては驚くべき発見だったのです。
そして改めて、「名古屋とその仲間たち?」 凄い!と実感したのです。

その、モーニングセット、今はこんな感じのメニューも少なくありません。
トースト、サラダ、たまご。このあたりまでは、定番でしょうか。
それに加え、小さい茶わん蒸しまたは小うどんが付いたり、簡単なデザートまたは果物が付いたり・・・  などなどです。
もちろん一品一品は少量なのですが、これでお腹いっぱいになれるんですよ。
コーヒー一杯 350円から400円程度で、このメニューが楽しめる!
やっぱり、これを知ってしまうと止められませんね。
お休みの日、時間帯によっては、朝昼兼用にできることは間違いなし。
奥様の味方でしょ (笑)
私の郷土にはもちろん、まだまだたくさんの自慢ネタがあります。
紹介してもしきれないくらいに・・・。

今回は少し身近な話題をお伝えしました。
ぜひ、こちらにお越しの際は、名古屋めしを何かひとつでもご賞味いただいて
お帰りくださいね。


執筆者紹介

mic賛助会員
株式会社パモウナ 営業部 販売G
岩山 昇司

会員コラム