HOME --> 会員コラム --> ペットの話 ペットの話として・・・ 株式会社サンゲツ仙台店 枇杷 淳志

ペットの話 ペットの話として・・・

会員コラム 文 : 株式会社サンゲツ仙台店 枇杷 淳志 2012年11月

「ペットの話」というタイトルの依頼を受け1か月が過ぎました。生まれてから38年間ペットというものに縁がなく、かといってコラムのために新たにペットを飼うような甲斐性もなく、締切が迫ってくるばかり。ペットボトルの話、がん検診PETの話などなど、考えに考え抜いた末の内容が、今の自分のなかでペットに一番近いもの→こどもたち、という結論に至りました。ペットの話として子供の話題、かなりの無理がありますがお許しのうえお付き合いください。

長男S(7歳)

ピカピカの1年生。私に似てとにかくじっとしていられない性格、『トムとジェリー』とポケモン、そしてゲームが大好き。酸っぱいものが嫌い。涙もろい。マイブームはマジック。将来の夢は4歳からはじめたサッカーの選手。毎日早起きで、起きた瞬間から行動に移れるところも私に似ている。この秋休みには、仲良しのいとこに会いに福岡への一人飛行機旅行を経験。

 

長女Y(4歳)

パイナップル組の年少さん、幼稚園に行くのが楽しくて仕方がない毎日。よく食べ・よくしゃべり・よく寝る、「天真爛漫」という言葉がぴったりの活発な女の子。最近おしゃれにも目覚めた。特技はちょうちょうショー。お手紙と絵を書くのが大好き。家のお手伝いも上手になってきた。男三兄弟の私にとって嫁さんとともに少し謎の存在…。

 

二人とも生まれた地は嫁さんの実家がある福岡県、生後1か月で飛行機に乗せられて仙台に来ました。生まれてからこれまで大きな病気・怪我なくすくすくと成長し、いまでは我が家の共通語の博多弁を使いこなす仲良し兄弟。休日に近所のコロナワールドから東北各地の温泉を連れ回した結果、風呂大好き兄弟に育ってきた。二人とも私が仕事でカーテンを扱っている事は理解しているらしい。

今年1年生のSは、私がmicで携わってきた「こんな部屋いいな絵画コンテスト」に初参戦、なんとなく嬉しい。

 

昨年の大地震、私は営業中たまたま自宅の近くで、嫁と長女は近くのスーパーの駐車場での自家用車内で被災。長男は幼稚園で帰りのバスに乗る寸前。幸運にも家族4人が近くにおりすぐに家族が合流することができ、その後二晩を避難所で過ごしたが、家族全員が一緒であったことが何よりも安心で幸せだった。

 

元気に明るく優しく育ってくれている二人に感謝、毎日の育児と家事をこなす嫁さんに感謝、こんな私を育ててくれた自分の両親に感謝。そして、今の自分達を支えてくれている皆さんに感謝。転勤族の私ですが、子供たちにとって仙台がふるさとです。こんな子供たちと共に私も成長していきたいと思います。

 

執筆者紹介

mic賛助会員
株式会社サンゲツ仙台店
枇杷 淳志

会員コラム