HOME --> 会員コラム --> “グランシャリオで乾杯” ・マナトレーディング株式会社 水野 貴之

“グランシャリオで乾杯” 列車の食堂車の話です

会員コラム 文 : マナトレーディング株式会社 水野 貴之 2011年7月

皆様も経験あると思いますが、車窓を楽しみながら食事をするのはさぞかし楽しいものです。食堂車はかつて新幹線、ほとんどの特急列車に連結されていましたが、今国内では3本の列車しかありません。すべて寝台特急で上野から札幌まで行っているカシオペア号と北斗星号それに大阪から札幌まで行っているトワイライトエクスプレス号です。

カシオペア号は2F建て全車A寝台(グリーン車)すべて2人用個室の豪華寝台です。下りは上野16:20発札幌翌9:25着です。
食堂車名はダイニングカーです。食事車のメニューはほとんど北斗星号と同じなのでそちらで報告します。インテリアはモダンさと温かみと機能を融合させた感じです。

北斗星号ですがA寝台、B寝台、1人用、2人用個室と多彩にあります。上野19:03発札幌翌9:38着です。

上野から札幌までの食の乗車記を報告します。なかなか入手出来ない1人用個室ロイヤルの旅から始まります。ロイヤルルームですとさまざまな特典があり、発車してすぐ食堂車のスタッフがウエルカムドリンクとしてワインハーフボトルミニウイスキーを届けてくれます。個室内にはトイレシャワールーム、ビデオモニターもあり、又食堂車へ直通の電話もあり快適です。

さて本題の食堂車ですが名称グランシャリオです。インテリアはワインレッドを基調にし、カシオペア号に比べクラシックな感じです。

19:45から21:00位までディナータイム。以後23時30分までパブタイムになります。ディナータイムはコース料理でフレンチと懐石料理が選べますが、チケットを3日前まで事前に購入しなければなりません。ちなみに金額ですが、フレンチが7,800円懐石が5,500円です。

私はこの日フレンチを選びました。まずスパークリングワインクラシコセコ(ハーフボトルで1,600円)を頼みグラスを傾けます。まず前菜としてサラダ仕立てのオードブルがきます。アスパラと帆立貝と蟹と北海道の食材をふんだんに盛り込んでいて食欲をそそります。次にパンが運ばれてきます。暖めてあり心使いを感じます又バターもとてもクリーミーです。次に魚料理です。平目を湯葉で包んで、青森産のニンニクを使ったクリームソースが絶妙です。パンをこのソースに漬けて食べるのが通みたいです。次に肉料理です。牛フィレ肉を赤ワインソースでまとめてます。肉も柔らかく赤ワインと肉汁のソースが美味しいです。最後にデザートとコーヒーがきます。デザートはアイスクリームとチョコレートケーキに季節の旬なフルーツが添えてもう大満足です。食材の下準備は発車前におこない。その後の調理はすべて車内です。狭く、揺れる中コックさんの手際良さを感じます。

ディナータイム終了後パブタイムになります。事前に予約無しで自由に食事ができます。
パブと言えども、食事もあります。ビーフシチューセットが美味しいです。こちらは2,500円です。他ハンバーグ、カレーライス、ピザ、オードブル、各種アルコールも飲めます。
ディナーだと高いので結構通には人気みたいである意味でおいしいです。

翌朝6:30からモーニングタイムです。こちらも事前に予約無しで自由に食事ができます。
こちらは洋食と和食が選べます。私は和食を選びました。魚とソーセージと卵とサラダとボリューム満点です。和食でもコーヒーも付きます。金額は洋食和食とも1,600円です。天気も良く北海道の車窓を眺めながら朝からゆっくりと食事できる贅沢さは格別です。

ゆっくり食事した後部屋に戻り、シャワーを浴び、ぼーとしているとあっという間に札幌着です。17時間の列車の旅もこれで終了です。飛行機ですと羽田から新千歳空港まで1時間半の旅ですが、皆様はどう思われますか?

トワイライトエクスプレス号はA寝台、B寝台、1人用、2人用個室とこちらも多彩にあります。下りは大阪11:50発札幌翌日9;52着上りは札幌14:05発大阪翌12:52着です。なんと22時間の旅で国内でも最長列車です。ヨーロッパのオリエントエクスプレスを意識したとも言え豪華編成です。
食堂車名はダイナープレアデス。インテリアはロココ調で壁面にはステンドグラスがあり、かなり高価だったと聞きます。走行時間も長いこともあり、下りはランチタイムもあります。他は北斗星号同様ですが、ワンランク上でフレンチも12,000円懐石料理は6,000円です。食堂車スタッフも有名ホテルのOBシェッフも多くまたサービス面でもカシオペア、北斗星よりワンランク上だと思います。私は国内では一番豪華な列車だと思います。

もし時間ができたら、ゆっくりとした鉄道旅で美味しいものを召し上がって下さい。


執筆者紹介

水野 貴之

マナトレーディング株式会社

【Home Page】 http://www.manas.co.jp/


会員コラム