HOME --> 会員コラム --> ペット大好き・NANA

NANAのお気に入り

会員コラム 文 : NANA(翻訳:三井デザインテック鞄喧k営業所 宮城 敦) 2010年1月

「お気に入りの椅子」

こんニャちわっ!
「2本足」で歩く同居人からはNANAって呼ばれてるの!
NANA!!
ナナっ!!
ななっ!!
って怒られる時があるけど、いつもなんの事かしら?・・・って思っているの
でも誰がなんと言ってもお気に入りなのは専用(?)のこの椅子っ!
座っていると囲まれた感じになって落ち着くし、紐のところの爪のかかりが最高なのぉ〜
ソファとかカーペットもイケるけど、やっぱりこの椅子が一番っ!
木のところはサラっとしていて肉球が気持ち良いし、でっぱりもマクラになるし・・・
曲線が猫背にBEST MATCHニャ!

同居人が言うには、外国の有名な「2本足」がデザインしたらしいけど・・・

だからかニャっ???

「2本足」の同居人にもたまに貸してあげるけど、なかなか返してもらえない時があるので、その時はいつもの様にソファをカリカリってやってあげれば大丈夫!
この前なんか、なかなか返してもらえないから「2本足」が時々抱えて音を出す物(「2本足」はギターと言っている)の頭をガリッてかじってやったわよ!
「2本足」は「一番大事なところを〜っ!」ってワーッ!ってなりながら、欠片を拾って泣きながら修理してたわ
どうせ同じのがいっぱいあるんだから一個位どうでも良いと思ったのに、「2本足」は相当ショックだったみたい

でもお気に入りのこの椅子にはスリスリはするけど、ガリッとはしません
これからもずぅーっと一緒です

Byeニャ!

【翻訳者】
そんな娘たちの日頃をYahooペットにアップしていますので、よろしければ見てください http://pets.yahoo.co.jp/hiroba/profile/prfbvom3PhwkldyCkr98Q8-/

「言わずと知れた椅子」

業界人なら誰でも知っているこの椅子は現在でもロングセールを続けています。
我が家の椅子の仕様は全体がほぼ素地むき出しのソープフィニッシュで素材感とその構造構成が気に入っています。
座面のペーパーコードは張替えも可能ですし、汚れは石鹸水での拭き取りや消しゴム、紙やすりでメンテナンス可能な優れ物です。
素地むき出しだからこそ、汚れのつき具合や経年変化での変色がイイ感じになってきます。

様々なデザインが淘汰されて来たなかで、時折世の中には姿形を殆ど変えずロングセールを続けている商品があることに改めて気づくことがあります。
私のStratocaster(エレキギター)も50年以上前のデザインがそのまま今もなお作られ続けています。(1954年製や1962年製の実器は300万とか500万とかで今も取引されていますが・・・)
当時のデザイナーたちは、当然ロングセラー品になるかどうかは証明しきれないままリリースしているのでしょうけど、長年に渡り「人DNA」(NANAのように人以外にも効き目を発揮する場合があります)に直接作用する何かを取り込みながらデザインすることが出来たのでは?と思えるほどです。
デザインだけではなく、商品として流通を可能にしたプロダクトとマーケットの存在も重要ですが、結果それが理由でロングセラー品(多くの人に愛されている)となっているのは確かだと思っています。
DNAに直接作用する何かをデザインに仕込むなど、決して簡単なことではないのでしょうが、実はちょっとしたキッカケと閃きだったりするのかも?・・・
悟りと言いますか・・・、日頃の自身の研鑽と神への祈り・・・とか? デザイナーとしては、どこか別次元との繋がりが必要なのかも・・・

執筆者紹介

NANA
(翻訳:三井デザインテック鞄喧k営業所 宮城 敦)
やんちゃな末っ子

会員コラム