HOME --> 会員コラム --> トルコ団報告・三塚春枝

トルコ団報告

会員コラム 文 : 三塚 春枝 2009年8月

昨年の6月、女性3人で12日間トルコを旅しました。
私が所属するスタイリングプロのメンバーと一緒です。
チャーターの20人乗りのバスに私達3人と、添乗員、トルコ語通訳、 ドライバーで計6名。
イスタンブールをスタートし、時計と逆回りでまたイスタンブールに戻るという、4500km走破の結構な強行軍。
帰国後、報告会を開いた時のスライドの一部を紹介します。

晴天に恵まれ、だれが撮っても絵葉書になるような景色の中、4つの世界遺産をめぐりながら、トルコの風土、独特のインテリア、親日的でチャーミングな人々に魅了された日々でした。

ヨーロッパとアジアを繋ぐ位置にあるトルコは、長い歴史の中で幾度となく領土や宗教をめぐる戦いの舞台となりました。
数々の遺跡を目の当たりにする度、歴史の教科書の中の出来事が、まさに目の前に繰り広げられるような錯覚を覚えました。

また、地中海、エーゲ海に面した地方から、内陸の独特の地形カッパドキア、塩の湖、黒海に面したサフランボルまで興味深い住居の形、住まい方に、改めて風土の影響力を感じました。

国内外、旅は私の趣味の一つです。
まったくのoffのつもりで出かけても、ついつい建物やインテリアが気になってしまいます。 職業柄インテリアというひとつのフィルターを通して物を見る癖が付いてしまっている自分に気付きます。
それは決して考え方が狭くなるということではなく、むしろそこから 独特の材料や、時代背景や、当時の考え方に思いを巡らせ、元来の好奇心も手伝ってかさらに興味の対象が広がっていきます。

出かける前にあれこれ計画しながら楽しんで、彼の地に行って計画通りにいかないハプニングも楽しんで、帰ってからは写真と思い出を楽しむ。

一度で3度美味しい<旅>という趣味にこれからもハマり続けると思います。

執筆者紹介

インテリアコーディネーター
三塚 春枝
インテリアデザイン事務所、メーカー勤務を経た後インテリアコーディネーターとして活躍。一般住宅、モデルハウス、マンションモデルルーム等リフォームを数多く手掛ける。
※インテリアコーディネーター
※二級建築士
《 Link 》
■インテリアスタイリングプロ http://www.stylingpro.jp/
■FROM ALEX ブログ     http://plaza.rakuten.co.jp/fromalex/

会員コラム